スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

リフレッシュ

パソコンが調子が悪くリカバリかリフレッシュしか道がないのではじゅめてリフレッシュしてみた。
使いがってよくしていたのに殆ど設定し直しだ。
ただファイルやお気に入りは残されたので、少しはよかった
スポンサーサイト
リフレッシュ/2018/01/13 14:30/[PC]パソコン/ トラックバック(0)/ comment(1)

川辺の桜

2017-4-24-1.jpg
友だちに写真に川を入れるといい感じと教わりました。
川辺の桜/2017/05/08 05:31/[ライフ]花/ トラックバック(0)/ comment(0)

boxの中で一番上と一番下に文字を入れるには


CSS


#box{
position:relative;
height:400px;
border : 1px solid #ccc;
}
p.btm{
position:absolute;
bottom:0px;
left:0px;
}


HTML

<div id="box">
<p>
ああああ
</p>
<p class="btm">
ああああ
</p>
</div>
boxの中で一番上と一番下に文字を入れるには/2016/03/27 16:14/css/ トラックバック(0)/ comment(0)

ページ全体を自動スクロール

昔作ったホームページで空から降りてくる女の子がずっと下の方まで行くというのが
なぜか動かなくなっていました。

きょう、直そうとしたら、どうやったのか全く分からなくなっていました。
四苦八苦の末やっと直せました。

ほんとにこれは書き留めておかなくてはなりません。

ページ全体を自動スクロールさせる方法です。

HEADタグの中に
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var count = 0;
var max = 100;
function autoScroll() {
if (navigator.appVersion > "3") {
if (count < max) {
scroll(0,count++);
timer = setTimeout("autoScroll()",10);
status = max-count;
}
}
}
//-->
</SCRIPT>
そしてBODYタグの中に
<BODY onLoad="autoScroll()">

var max = 100;
この数字が動く範囲のピクセル
timer = setTimeout("autoScroll()",10);
ここがスピード
ページ全体を自動スクロール/2015/01/26 17:51/javascript/ トラックバック(-)/ comment(0)

すごいやつ display

cssにおいてdisplayを使うといろいろとすごいことが起きる。

display:block;
1.これだと確実に改行されます。

2.aに設定すると
 文字だけではなく全体がクリック可能に

3.そしてコンテンツの表示

それに対し
display: none;
では非表示



使い方としては

@media screen and (max-width: 960px) {

@media screen and (max-width: 360px) {

などとウインドウの幅を設定するスタイルシートで960pxでは表示 360pxでは非表示。
またはその逆。
のように設定できる。
例えばは幅が狭くなるとメニューカラムは消えてメニューアイコンが現れるなどに使える。

ほんとにすごい。びっくりです
すごいやつ display/2015/01/24 16:17/css/ トラックバック(-)/ comment(0)
| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。