Html研究
気に入った事はとことんやってしまいます。
ほどほどにしたいものデス。ヾ(´▽`*)ゝ
recent comment

最新の記事

月別アーカイブ

recent trackback

 flash クリックしたら次Album


Flashアルバム、サンプルです。クリックしてみてください。







ステージの設定
2009-1-4-rei3-2.jpg
幅、高さは写真の大きさ

2009-1-4-rei3.jpg
レイヤー1の名前を「photo」に変える
1フレーム目をクリックして画像1枚目を読み込む
2フレーム目をクリックしてキーフレームを挿入。ファイル→読み込み→2枚目の画像
3フレーム目をクリックしてキーフレームを挿入。ファイル→読み込み→3枚目の画像
それぞれステージ上にセットする。(シェイプ下の「変形」で数字を合わせる。)

レイヤーを挿入名前を「btNext」に変える
2009-1-4-rei3-3.jpg
写真の上に赤い四角を描き、大きさ、場所を写真と同じにして重ね、
赤い四角をクリックしてシンボル・ボタンに設定基点を左上にする。
プロパティ、名前に「next_btn」と入れる。(注:レイヤー名と違う)
赤い四角をクリックしてシンボルの編集Hitだけにキーフレームを挿入する。。Upのキーフレームをクリア
シーン1に戻りbtNextレイヤーにフレームを挿入3まで伸ばす。

レイヤーを挿入名前を「as」に変える
1フレーム目をクリックして、アクションに

stop();
next_btn.onRelease = function() {
nextFrame();
};

と書く
ここまででプレビューすると画像をクリックすると次の画像に進むアルバムが出来ている。
しかし、最後の写真でとまってしまう。


「as」レイヤー、4フレーム目をクリック、アクションに

gotoAndStop(1);

と書く
プレビューすると、繰り返し表示されるようになっている

参考サイト
http://www.webdesignworkshop.net/workshop/trans_photo1/
【2009/01/04 22:11】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(4)
noa/ どりーみー/ noa/ どりーみー/ 

 Flashページめくり、増ページと基点の移動








サンプルは白い矢印の隅っこをクリックしてくださいね。

今までページめくりはタイムラインを使って、目で見てそうなるようやっていました。
(実はこれも結構たいへんな点があるのです)が、

近頃、友達がアブレットでやったページめくりが柔らかい紙をめくるようでとても素敵だったのをみて、
今度はActionScriptの勉強をしてみました。
とはいえ、さっぱり解かりませんので、増ページと基点の移動ともFlashQ&Aで過去記事からヒントを頂きやっと出来ました。
私の持っているソフトはご本家の物ではないので、そこを自分の持っているソフトへ応用するのもまたたいへんです。

今回、原型は

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/jin_toyama/view/20050824/1125135344
使わせていただきました。

さてページを増やすには
先ず、ASレイヤーの5フレームをクリック、メニューのウインドウのアクション、634段目あたり
pw = 310;
ph = 250;
addPage("start");
addPage("page1");
addPage("page2");
addPage("page3");
addPage("page4");
addPage("page5");
addPage("page6");




addPage("end");
のところ
pw = 310;  =1ページの幅
ph = 250;  =いページの高さ。

addPage("page○");の次へ
増やすページを追加。

次に
読み込んだ画像をシンボルムービークリップに変換、ライブラリーで今変換したシンボルを右クリック、
出てきた表の中から「リンケージ」をクリック
「実行時共有の書き出し」にチェック、今回は元々のpage:ムービークリップに習い「最初のフレームに書き出し」のチェックは外しました。
識別子に現存のpageナンバーの続きの番号で登録します。
見本は16ページでしたので「page17」からです。

これでページが増えます。
但し、今回のサンプルではBlogにアップできないため逆に減らしてあります。


ページの大きさを変えると表示する位置を変えたくなります。
そこで
レイヤー1の6フレームのムービークリップ:pages インスタンス:シンボルを好きな場所にドラッグしました。

自分のメモですので、解かりずらかったらすみません。
【2009/03/29 12:12】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(0)

 Flash ドラッグして移動





図形をクリックしてシンボルに変換
シンボルのアクションに


on (press)
{
startDrag(this, false);
}
on (release)
{
stopDrag();
}


【2009/05/06 15:07】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(0)

 noaさん、どうでしょう?


http://miyaakin.blog36.fc2.com/tb.php/149-ca83f978

アルバムでマックでは使えないのがあって悲しんでいるnoaさんへ。

noaさんの画像で作ってみました。もしよろしかったら、Blogに貼ってね。
うふん

お知らせくださればお送りしますよ~。


記事を書いているページではプレビューできるのですがBLOgには表示できないようです。

http://blog-imgs-18.fc2.com/d/r/e/dreamy/noa2.html
↑ここ見れますか?
http://blog-imgs-18.fc2.com/d/r/e/dreamy/noa3.html

自分の画像でやってみました。



【2009/05/08 15:36】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(3)
noa/ どりーみー/ noa/ 

 ボタンのアクション、一つ前の階層


クリックしたら2フレームへ行ってプレイせよ・・HTMLで言うと ./
on (release)
{
gotoAndPlay(2);
}

クリックしたら一つ前の階層の2フレームへ行ってプレイせよ・・HTMLで言うと ../
on (release)
{
_parent.gotoAndPlay(2);
}

クリックしたら二つ前の階層の2フレームへ行ってプレイせよ・・HTMLで言うと .../
on (release)
{
_parent._parent.gotoAndPlay(2);
}

行き詰まり、やっと解かったボタンのアクション
ここに書いておきます。
意外と、又解からなくなって、検索して、ここに自分が来たりするんですよね。
その時のための、メモです。
【2009/06/05 13:35】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(0)

 弾むボールメニュー








ボールをクリックしてみてね。



やり方を書いておきます。

レイヤーの1フレーム目に丸を書き、シンボル、ムービークリップに変換、
丸をクリックしてアクションに
onClipEvent (load)
{
this._y = dy = -Math.floor(Math.random() * _parent.yPos);
spd = _parent.spd;
g = _parent.g;
k = _parent.k;
t = _parent.t;
base = _parent.base - this._height / 2;
}
onClipEvent (enterFrame)
{
spd = spd * t + g;
dy = dy + spd;
if (dy >= base)
{
dy = base;
spd = -spd * k;
} // end if
this._y = dy;
}

と書きます。

その後、丸を右クリックしてシンボルの編集に行き
レイヤーを追加(元のレイヤーに鍵をかける)
新しいレイヤーの1フレーム目に
さっきの丸の上に同じ大きさの丸を書き、右クリックしてシンボル・ボタンに変換します。
ボタンシンボルの編集。HITだけにキーフレームがある状態にします。
ひとつ前に戻り、ボタンにした丸(みどりになっていますか?)
をクリックして
アクションに
on (release)
{
getURL("アドレス", "_blank");
}

と書きます。

シーンに戻り
レイヤーを追加
新しいレイヤーの1フレーム目のアクションに
yPos = 300;
spd = 5;
g = 2.500000E+000;
k = 9.000000E-001;
t = 9.900000E-001;
base = 250;
this.stop();

以上です。
【2009/07/03 13:55】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(0)

 各当するタイムラインに入った時動くMC


このムービークリップをセットしたタイムラインに入った時、静かに入ってくる。








ステージ上で作った短形などや読み込んだ画像をムービークリップに変え、そのムービークリップのアクションに

onClipEvent (load)
{
this._x = -50;
this._y = 50;
}
onClipEvent (enterFrame)
{
if( this._x>299) {this._x=50;}
dx = (300 - this._x) / 20;
this._x = this._x + dx;
}


以下、覚え書

loadは最初に置かれている位置。
this._x = -50  マイナスが付いているので表示されないところにあるということらしい。

enterFrameはそこに入った時移動する位置
dx = (300 - this._x) / 20;
300は左からの位置
20は定数 この数字が大きいほどゆっくりしている。一般的には4くらいらしい。

if( this._x>299) {this._x=50;}
この行は繰り返す時。
一回出てきて止まる時はいらない。




次にこのムービークリップをセットしたタイムラインに入った時、静かに出て行く








ステージ上で作った短形などや読み込んだ画像をムービークリップに変え、そのムービークリップのアクションに


onClipEvent (load)
{
this._x = 300;
this._y = 50;
}
onClipEvent (enterFrame)
{
if( this._x<-69) {this._x=300;}
dx = (-70 - this._x) / 20;
this._x = this._x + dx;
}



以下、覚え書

loadは最初に置かれている位置。
ifの行は繰り返す時。
一回出て行ってしまう時はいらない。
詳しくは上のアクションを参考に。
【2011/11/05 16:59】 ActionScript | トラックバック(0) |
コメント(0)






| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

*最新記事のRSS
*最新コメントのRSS
*最新トラックバックのRSS

TB_People

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

author_name=Dreamy/album

気に入った事はとことんやってしまいます。
ほどほどにしたいものデス。ヾ(´▽`*)ゝ
recent comment

最新の記事

月別アーカイブ

recent trackback

ブログ内検索

RSSフィード

*最新記事のRSS
*最新コメントのRSS
*最新トラックバックのRSS

TB_People

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

Template production /preview