スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

メモ帳を開く

何時の日かホームページを作ってみたいけど、何だか難しそう。って思っている方に、
私がネット上で色々な方から教わった事を書き留めておきたいと思います。
きっと「何だ簡単じゃん」と思われることでしょう。

1.メモ帳を開く

先ず、パソコンのスタートボタンから「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「メモ帳」をクリックします



出てきましたら

次、行って見よう
【More Open】
スポンサーサイト
メモ帳を開く/2004/12/28 13:13/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(2)

ドキュメントの記述

基本的タグの記述でページが出来ましたら
次にそれぞれタグにドキュメントの記述をします。
だれのパソコンからもちゃんと見えるようにいろいろな命令を書いておきましょう。

HTMLタグの前にドキュメントタイプを記述

続きを見てみよう
ドキュメントの記述/2004/12/29 15:44/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(4)

音楽を流そう

画像の貼り付けが成功したら、今度は音楽を流して見ましょう。

<BODY></BODY>

の中に






<embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0">


と書き込んで見てね。


上のタグのっ説明デス。↓

loop="true" 繰り返しあり loop="false" 繰り返し無し

border="0" インラインムービーふちなし

hidden="true" インラインムービー非表示、表示させるときは書かない

autostart="true" オートスタートあり、falseはオートスタートなし

width="144" height="45"はインラインムービーの表示の大きさ




下は音楽だけが流れる「タグ」だよーヾ(●~▽)ゞおほ


<embed src="midiのアドレス" hidden="true" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0">


hidden="true"を入れるとムービーは表示されません。
続きを読むは
このタグがHP上に現れるムービーです。 【More Open】
音楽を流そう/2005/01/03 17:57/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(18)

ホスト側にもフォルダを

お友だちから教わった、ホスト側にもフォルダを作る方法
!(^o^)
さて、デスクトップに散らばっている、ファイルをまとめてフォル ダに入れておきましょう。
ヾ(●~▽)ゞおほ
実は私は相当、長い間、このことを知らないでとても作業が大変でした。
以前作ったものと同じ名前を付けて、上書きしてしまったり、とほほ...

そうして、ある日、ネットのお友だちから教わりました。
それから後は、とても楽になりました。

では、行って見ようヾ(´▽`*)ゝ エヘ

先ず、ディスクトップで右クリックして
新規作成→フォルダ→出来たフォルダ を右クリック→名前の変換→ここでは「honbako」と付けました。
>次にこの中に画像ファイルやMIDIファイルと共に
index.htmlというファイルを入れるんだそうです。
↓は「honbako」の中身です。




index.htmlのソースです。↓空っぽです。開いて見ると真っ白のページです。
index.htmlが無いと他人に中味を見られてしまいます。




更にサーバーに送るためのフォルダをつくり名前をつけます。
仮に「mikan」としておきます。

↓は、「mikan」の中身です。

「netehon.htm」は、フォルダ「honbako」の中身を使って作ったページです。

IMGの書き方、例えばみらい本だと

   <img src="honbako/miraihon111.jpg">  のように
<img src="フォルダ名/ファイル名">  だそうです。
つまり、一個のページ、または同じテーマのページ毎、使う画像
や音楽をまとめて入れておけば良かったんでした。
ヾ(´▽`*)ゝ
私は、それまでは、まるで体育館のように広い一つの場所に
何でもかんでも詰め込んでいたんだなぁと思いました。
教わった方法は、それぞれを各教室に入れたようだと、その時思いました。ヾ(´▽`*)ゝ
これは、多分誰でも知っていることなんだと思います。
当然過ぎて、誰も語ろうとしないんですね。きっと...
ホスト側にもフォルダを/2005/01/05 17:22/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(2)

TABLE

もうすっかりページが出来てきていますね。
それでは、
画像と文章を配置してみましょう。
DIV 
を使った方法も楽しいのですが、今回はテーブルをやって、
次にリンクの方法をやってみますね。♪
<BODY>ここです。</BODY>
の間に

<TABLE>
<TR><TD></TD><TD></TD></TR>
</TABLE>

と書きます。


このままだと解りにくいので、まわりに線を入れてみます。
<TABLE>タグの中に BORDER と書きます。

<TABLE BORDER>
<TR><TD></TD><TD></TD></TR>
</TABLE>

<TD></TD>

と言うのが一個の部屋です。部屋の中に何か入れましょうね。

画像と音楽いってみますか。
<TD>ここと</TD><TD>ここです</TD>


<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true"
width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>

このようになりました。









または、上下に部屋を分けたい時は

<TD></TD>

の次に

</TR><TR>

を入れます。

<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
</TR><TR>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>











BORDERというのは線です。書かないか、ゼロを入れるかと線がでません。
BORDER="1"
BORDER="5"

のように数字を変えてみてね♪


また指定がないとTABLEは左側に表示されます。
真ん中に持ってきたときは

<TABLE></TABLE>

の前後に
<CENTER></CENTER>

と書きます。

/ というのは、ここで終わりと言う意味ですよーヾ(´▽`*)ゝ

<CENTER>
<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
</TR><TR>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>
</CENTER>

【More Open】
TABLE/2005/01/12 16:15/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(9)
| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。