スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

リンクの方法

リンクの方法
きゅうりさんの現在のおじぞうさまのページがindexになっているようですのでおじぞうさまのページから「那須塩原ハイキング」に行けるようにすれば出来上がりです。


<a href="ページのアドレス">ここに書く文字または画像が表に現れます</a>

<a href="http://kyuuri.eco.to/hik.htm">那須塩原ハイキング</a>
サンプル
那須塩原ハイキング

または画像の例ですと

<a href="http://kyuuri.eco.to/"><img src="http://kyuuri.eco.to/nikkou2.jpg"></a>

画像の周りに線が出ないようにするには画像のアドレスの後に border="0" を書きます。
それから width="100"
 
画像の大きさの指定です。
<a href="http://kyuuri.eco.to/"><img src="http://kyuuri.eco.to/jizou.jpg" width="100" border="0"></a>

次に
画像や文字の上にマウスが来た時、説明を出す方法です。
a タグの中に title="見てね♪"
又は
img タグの中に alt="綺麗だよぉー"

など適宜に、どちらかを書きます。

<a href="http://kyuuri.eco.to/" ><img src="http://kyuuri.eco.to/jizou.jpg" width="100"border="0" alt="綺麗だよぉー"></a>

サンプル
綺麗だよぉー


<a href="http://kyuuri.eco.to/"title="見てね♪" ><img src="http://kyuuri.eco.to/jizou.jpg" width="100" border="0" ></a>






TARGETの指定

a タグの中にTARGETを書くことによってページの表示の方法を指定します。
主な物では
別ウインドウを開く  TARGET=" _blank"
現在のページに表す  TARGET="_top"

<a href="http://kyuuri.eco.to/hik.htm" title="見てね♪" TARGET=" _blank">那須塩原ハイキング</a>
サンプル
那須塩原ハイキング

<a href="http://kyuuri.eco.to/hik.htm" title="見てね♪" TARGET="_top">那須塩原ハイキング</a>
サンプル
那須塩原ハイキング

スポンサーサイト
リンクの方法/2005/01/18 08:14/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(15)

いろいろなTABLE








色々TABLE

ヾ(@~▽~@)ノわぁい

凄い、こっちが間に合いませんヾ(●~▽)ゞおほほほ

では色々なTABLEをみてみましょう。

先ずこれは、半透明なTABLEです。

背景が透き通ってみえますか?










上のタグです。
TABLEのTD中にTABLEを作っています。
外側のTABLEにはbackgroundで画像のアドレスを入れ、
その画像の大きさにTABLE
の大きさを合わせました。

<!--ココから-->
<CENTER><TABLE background="sirakabaki.jpg" width="400" height="300">

<TR><TD>




<CENTER><TABLE width="300" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(opacity=50)" bgcolor="#FFFFFF">

<TR><TD>

<font size="4" color="#000000"><b>

色々なTABLE</b></font><br>

<font size="2" color="#000000">ヾ(@~▽~@)ノわぁい<br>

凄い、こっちが間に合いませんヾ(●~▽)ゞおほほほ<br>

では色々なTABLEをみてみましょう。<br>

先ずこれは、半透明なTABLEです。<br>

背景が透き通ってみえますか?<br></font>



</TD></TR>

</TABLE></CENTER>

</TD></TR>

</TABLE></CENTER>


></ココまで!---->
TABLEの背景に画像ではなく色を指定すると色が付きます。

bgcolor=""ですね。

またTDの中に指定するとTDの色を指定できます。

大きさを指定しなくても、

入れたいものだけは入ってくれます。

ヾ(´▽`*)ゝヾ(@~▽~@)ノ












TDの中に背景画像も同じ要領でできます

<TD background="画像のアドレス">

です。



この例では外側のTABLEタグの中にbgcolor="pink"

内側のTABLEタグの中にbgcolor="#FFFFFF"白を指定しました。




また、大きさの指定も出来ます。

上の例で解りますように

width="400" height="300"

等のようにTABLEタグの中に書きます。





いろいろなTABLE/2005/01/14 10:45/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(8)

TABLE

もうすっかりページが出来てきていますね。
それでは、
画像と文章を配置してみましょう。
DIV 
を使った方法も楽しいのですが、今回はテーブルをやって、
次にリンクの方法をやってみますね。♪
<BODY>ここです。</BODY>
の間に

<TABLE>
<TR><TD></TD><TD></TD></TR>
</TABLE>

と書きます。


このままだと解りにくいので、まわりに線を入れてみます。
<TABLE>タグの中に BORDER と書きます。

<TABLE BORDER>
<TR><TD></TD><TD></TD></TR>
</TABLE>

<TD></TD>

と言うのが一個の部屋です。部屋の中に何か入れましょうね。

画像と音楽いってみますか。
<TD>ここと</TD><TD>ここです</TD>


<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true"
width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>

このようになりました。









または、上下に部屋を分けたい時は

<TD></TD>

の次に

</TR><TR>

を入れます。

<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
</TR><TR>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>











BORDERというのは線です。書かないか、ゼロを入れるかと線がでません。
BORDER="1"
BORDER="5"

のように数字を変えてみてね♪


また指定がないとTABLEは左側に表示されます。
真ん中に持ってきたときは

<TABLE></TABLE>

の前後に
<CENTER></CENTER>

と書きます。

/ というのは、ここで終わりと言う意味ですよーヾ(´▽`*)ゝ

<CENTER>
<TABLE BORDER>
<TR>
<TD><img src="画像のアドレス"></TD>
</TR><TR>
<TD><embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0"></TD>
</TR>
</TABLE>
</CENTER>

【More Open】
TABLE/2005/01/12 16:15/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(9)

ホスト側にもフォルダを

お友だちから教わった、ホスト側にもフォルダを作る方法
!(^o^)
さて、デスクトップに散らばっている、ファイルをまとめてフォル ダに入れておきましょう。
ヾ(●~▽)ゞおほ
実は私は相当、長い間、このことを知らないでとても作業が大変でした。
以前作ったものと同じ名前を付けて、上書きしてしまったり、とほほ...

そうして、ある日、ネットのお友だちから教わりました。
それから後は、とても楽になりました。

では、行って見ようヾ(´▽`*)ゝ エヘ

先ず、ディスクトップで右クリックして
新規作成→フォルダ→出来たフォルダ を右クリック→名前の変換→ここでは「honbako」と付けました。
>次にこの中に画像ファイルやMIDIファイルと共に
index.htmlというファイルを入れるんだそうです。
↓は「honbako」の中身です。




index.htmlのソースです。↓空っぽです。開いて見ると真っ白のページです。
index.htmlが無いと他人に中味を見られてしまいます。




更にサーバーに送るためのフォルダをつくり名前をつけます。
仮に「mikan」としておきます。

↓は、「mikan」の中身です。

「netehon.htm」は、フォルダ「honbako」の中身を使って作ったページです。

IMGの書き方、例えばみらい本だと

   <img src="honbako/miraihon111.jpg">  のように
<img src="フォルダ名/ファイル名">  だそうです。
つまり、一個のページ、または同じテーマのページ毎、使う画像
や音楽をまとめて入れておけば良かったんでした。
ヾ(´▽`*)ゝ
私は、それまでは、まるで体育館のように広い一つの場所に
何でもかんでも詰め込んでいたんだなぁと思いました。
教わった方法は、それぞれを各教室に入れたようだと、その時思いました。ヾ(´▽`*)ゝ
これは、多分誰でも知っていることなんだと思います。
当然過ぎて、誰も語ろうとしないんですね。きっと...
ホスト側にもフォルダを/2005/01/05 17:22/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(2)

音楽を流そう

画像の貼り付けが成功したら、今度は音楽を流して見ましょう。

<BODY></BODY>

の中に






<embed src="midiのアドレス" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0">


と書き込んで見てね。


上のタグのっ説明デス。↓

loop="true" 繰り返しあり loop="false" 繰り返し無し

border="0" インラインムービーふちなし

hidden="true" インラインムービー非表示、表示させるときは書かない

autostart="true" オートスタートあり、falseはオートスタートなし

width="144" height="45"はインラインムービーの表示の大きさ




下は音楽だけが流れる「タグ」だよーヾ(●~▽)ゞおほ


<embed src="midiのアドレス" hidden="true" autostart="true" loop="true" width="144" height="45" volume="50" border="0">


hidden="true"を入れるとムービーは表示されません。
続きを読むは
このタグがHP上に現れるムービーです。 【More Open】
音楽を流そう/2005/01/03 17:57/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(18)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。