スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

windows8.1スタートページ

・enterを押すと一番左上にあるタイルのリンク先が開く
・スターページにもデスクトップの背景を使うには、設定→パーソナル設定で見本の画像の一番右下のデスクトップの画像をクリックまたはタップする。
スポンサーサイト
windows8.1スタートページ/2013/10/26 06:28/[PC]パソコン/ トラックバック(0)/ comment(0)

EUC-JPなどで書かれたページの中の一部だけをShift_JISにする

<script type="text/javascript" src="URL "charset="Shift_JIS"></script>


<と>を半角英数字にする
EUC-JPなどで書かれたページの中の一部だけをShift_JISにする/2013/10/21 08:10/[html] html/ トラックバック(0)/ comment(0)

再変換できない

文字を書いて一旦enterを押して確定した後、再変換するために文字を反転選択してもう一度変換キーを押しても変換する候補も出てこない。

検索しても解らず、再起動してみようと思いメニューの設定を選んで再起動しようとしたところ
キーボードというところがあったのでクリックしてみたら日本語のところが二つあって、「日本語Baidu IME」だったのでもう一方の「日本語microsft IME」の方にしてみたら直りました。
再変換できない/2013/10/16 22:05/windus8/ トラックバック(0)/ comment(0)

お使いのパソコンがクラッシュ瞬前です。

表題のようなとても目障りの広告がいろいろなサイトでみられる様になったため検索したら
どうもダウンロードの時にダウンロードをクリックすると違うページに誘導され「なんか違う名前のものだなぁ」と初めからやり直すことが割とあったのですが
そこのページからくっついてくるらしいです。

そこで
インターネットオプション
インターネットのプロパティ
プログラム
アドオンの管理
アドオンの管理を見ると

「名前 LyricsWoofer-11
発行元 (未確認の発行元) Showpass
状態 有効
アーキテクチャ 32 ビットと 64 ビット
読み込み時間 0.01 秒
ナビゲーション時間 0.13 秒」
という怪しいものを発見、
また検索してどうもこのせいだと思い。
それを無効にした上で




コントロールパネル

プログラムのアンインストールまたは変更
LyricsWoofer-11と検索
出てきた「LyricsWoofer-11」を右クリック「アンインストール」をクリック。

この後煩わしい広告が今のところ見られません。

今にまた入り込むかもしれません。

今回「発行元 (未確認の発行元) 」という文字列が怪しかったのでやってみました。
お使いのパソコンがクラッシュ瞬前です。/2013/10/16 11:31/windus8/ トラックバック(0)/ comment(0)

windows8でGyaoを見る

windows8搭載のパソコンを買ったら Gyaoが見れなくて焦りました。
検索するとこの記事とても多いですね。

私がやったことを記録しておきます。

IEのツールからインターネットオプションをクリック
セキュりティをクリック
レベルのカスタマイズをクリック
ActiveXという項目を全て有効にする。(すでに有効になっていたものもありました)
その後Windows Updateもやってみて・・・

そして結局

見れるようになったのは 「Silverlight」の最新版をインストールした後でした。
まだ画面に移る前に音楽が聞こえてきた時は本当にうれしかったです。

新しく新品を買ってきたんですから、最新版を入れておいてほしいですよね。

新しく買うに当たっては、Gyaoなど動画を大画面で見たいこともあって大きいのを買ったのにもしや見れないのかと焦りました。
このことでとても時間がかかりましたが、やれやれ一安心です。
windows8でGyaoを見る/2013/10/08 21:40/windus8/ トラックバック(0)/ comment(0)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。