スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

Flashページめくり、増ページと基点の移動







サンプルは白い矢印の隅っこをクリックしてくださいね。

今までページめくりはタイムラインを使って、目で見てそうなるようやっていました。
(実はこれも結構たいへんな点があるのです)が、

近頃、友達がアブレットでやったページめくりが柔らかい紙をめくるようでとても素敵だったのをみて、
今度はActionScriptの勉強をしてみました。
とはいえ、さっぱり解かりませんので、増ページと基点の移動ともFlashQ&Aで過去記事からヒントを頂きやっと出来ました。
私の持っているソフトはご本家の物ではないので、そこを自分の持っているソフトへ応用するのもまたたいへんです。

今回、原型は

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/jin_toyama/view/20050824/1125135344
使わせていただきました。

さてページを増やすには
先ず、ASレイヤーの5フレームをクリック、メニューのウインドウのアクション、634段目あたり
pw = 310;
ph = 250;
addPage("start");
addPage("page1");
addPage("page2");
addPage("page3");
addPage("page4");
addPage("page5");
addPage("page6");




addPage("end");
のところ
pw = 310;  =1ページの幅
ph = 250;  =いページの高さ。

addPage("page○");の次へ
増やすページを追加。

次に
読み込んだ画像をシンボルムービークリップに変換、ライブラリーで今変換したシンボルを右クリック、
出てきた表の中から「リンケージ」をクリック
「実行時共有の書き出し」にチェック、今回は元々のpage:ムービークリップに習い「最初のフレームに書き出し」のチェックは外しました。
識別子に現存のpageナンバーの続きの番号で登録します。
見本は16ページでしたので「page17」からです。

これでページが増えます。
但し、今回のサンプルではBlogにアップできないため逆に減らしてあります。


ページの大きさを変えると表示する位置を変えたくなります。
そこで
レイヤー1の6フレームのムービークリップ:pages インスタンス:シンボルを好きな場所にドラッグしました。

自分のメモですので、解かりずらかったらすみません。
Flashページめくり、増ページと基点の移動/2009/03/29 12:12/[flash] ActionScript/ トラックバック(0)/ comment(0)

comment

投稿















管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackback url ↓

http://dreamy.blog2.fc2.com/tb.php/148-8bc73fc5


| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。