スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト/--/--/-- --:--/スポンサー広告/ トラックバック(-)/コメント(-)

各当するタイムラインに入った時動くMC

このムービークリップをセットしたタイムラインに入った時、静かに入ってくる。








ステージ上で作った短形などや読み込んだ画像をムービークリップに変え、そのムービークリップのアクションに

onClipEvent (load)
{
this._x = -50;
this._y = 50;
}
onClipEvent (enterFrame)
{
if( this._x>299) {this._x=50;}
dx = (300 - this._x) / 20;
this._x = this._x + dx;
}


以下、覚え書

loadは最初に置かれている位置。
this._x = -50  マイナスが付いているので表示されないところにあるということらしい。

enterFrameはそこに入った時移動する位置
dx = (300 - this._x) / 20;
300は左からの位置
20は定数 この数字が大きいほどゆっくりしている。一般的には4くらいらしい。

if( this._x>299) {this._x=50;}
この行は繰り返す時。
一回出てきて止まる時はいらない。




次にこのムービークリップをセットしたタイムラインに入った時、静かに出て行く








ステージ上で作った短形などや読み込んだ画像をムービークリップに変え、そのムービークリップのアクションに


onClipEvent (load)
{
this._x = 300;
this._y = 50;
}
onClipEvent (enterFrame)
{
if( this._x<-69) {this._x=300;}
dx = (-70 - this._x) / 20;
this._x = this._x + dx;
}



以下、覚え書

loadは最初に置かれている位置。
ifの行は繰り返す時。
一回出て行ってしまう時はいらない。
詳しくは上のアクションを参考に。
各当するタイムラインに入った時動くMC/2011/11/05 16:59/[flash] ActionScript/ トラックバック(0)/ comment(0)

comment

投稿















管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackback url ↓

http://dreamy.blog2.fc2.com/tb.php/191-bbce4c5b


| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。